アルバイトしていないと借入できない!

学生の方の中にはバイトをしていないという人もいますよね。

 

とりあえず仕送りとか奨学金でどうにかなっている状態だと、バイトしなくても問題はないのでバイトしていないという人はいるでしょうから。

 

でも、急な出費が重なったりすれば、お金がないという状況に陥る可能性は十分にあります。

 

それまでに貯金などをしておけば、そこからどうにかやりくりすることができるかもしれませんが、貯金が無ければどうしようもありません。

 

こういう時には消費者金融や学生ローンでお金を借りるということになりますが、そもそもバイトしていない無職(無収入)の状態で借りれるのか?という疑問が出てきますよね。

 

この回答としてバイトをしていない人はお金を借りることができません!

 

収入がないわけなので返済していくことができないですからね。

 

そもそも総量規制が導入されたことにより、年収の3分の1までしか借り入れは出来なくなっています。

 

学生のアルバイトの年収が30万円ならば10万円までという感じですね。

 

で、アルバイトしていない場合は無職で、無職で無収入な訳なので1円も借りることができないということになります。

 

ですので、あるバイトをしていないという方は、まずはアルバイトを始めるようにしましょう。

 

アルバイトをすることによって、お金を借りないといけないという状況から脱出することができる可能性は高いですからね。

 

ただ、一部例外として自動車運転免許を取得したい方の「免許ローン」、就職内定者が利用できる「新卒内定者向けローン」、旅行に行きたい時の「トラベルローン」に関しては無職で無収入のアルバイトをしていない学生でも利用できます。

 

目的や利用者が限定されてはいますので、これ以外に普通にお金を借りたい場合は無理ですね。

 

こちらの各ローンに関しては後で説明させていただきます。

 

アルバイトしていると嘘を書く

アルバイトをしていない学生の場合は、お金を借りることはできないということは上記で説明しましたが、申し込みの際にアルバイトをしているという嘘を書けばいいのでは?と思う方もいるでしょうが、嘘はダメです。

 

まず、消費者金融の審査ですが、必ずアルバイト先への在籍確認があります。

 

消費者金融側としても、嘘をつかれていたらダメなので必ず確認はしますからね。

 

ですので、嘘をついていて適当なアルバイト先を記入したとしてもバレてしまいます。

 

ただ、学生専用の学生ローンに限っては、在籍確認なしというところもあります。

 

アルバイトしているというのは必須なのですが、学生証と身分証明書があればいいだけで、アルバイト先への電話確認がないところが多いのです。

 

学生のプライバシーの面に配慮してとのことでしょうね。

 

ですので、学生ローンならウソがばれずに通ってしまうという可能性もありますが、嘘の申告は絶対にやめておいたほうが良いです。

 

結局のところ嘘をついて一時的にお金を借りることができたとしても、アルバイトをしていないわけなので収入がなく、返済をしていくことができません。

 

すぐにアルバイトを始めたとしても、給料が入ってくるのはその月の分が翌月末とかということが多いでしょう。

 

だとすると、返済に間に合わない可能性が高くなってきます。

 

日雇いのアルバイトなどをすれば返済できる可能性もあるかもしれませんけどね。

 

返済ができなくなってしまうと、最終的にはいわゆるブラックリストに載るということになってしまいます。

 

こうなってしまうと数年間の間、お金を借りることは出来ませんし、クレジットカードを発行することもできなくなってしまいます。

 

アルバイトしていると嘘をついて、もしバレずに借りれたとしても全くいいことはありませんね。

 

なので、必ず嘘はつかないようにしましょう。

 

免許ローン

免許ローンは運転免許を取るときに利用するローンのことです。

 

教習所などを通してエポスやジャックスといった信販会社のローンを利用するようになります。

 

この免許ローンは18歳から利用することができて、アルバイトをしていない場合でも利用することが可能となっています。

 

返済に関してもスキップ返済と言って、最長で6か月後から返済を始めることもできるのです。

 

借りてすぐ返済が始まると、教習所に通いながらアルバイトを始めるのもちょっと大変ですからね。

 

ですので、一定期間支払いをスキップすることができるようになっているのです。

 

この免許ローンならばアルバイトをしていない学生の場合でも利用可能です。

 

新卒内定者向けローン

新卒内定者向けローンは地方の労金が扱っている、就職の内定者だけが利用できるローンです。

 

以前は旧東京都民銀行でもこの新卒内定者向けローンを扱っていましたが今はもうありません。

 

今は東京都民銀行自体合併してしまい、「株式会社きらぼし銀行」となってしまっていますね。

 

この新卒内定者向けローンですが、内容は各労金によってちょっと違ってきますが、初任給支給月まで利息の返済のみでOKだったりします。

 

免許ローンのスキップ返済みたいな感じですね。

 

ですので、新卒内定者の方でアルバイトをしていないけどお金を借りたいとのことならば、この新卒内定者向けローンの利用を検討するといいでしょう。

 

この新卒内定者向けローンは利用目的は決められていないので、ある程度何に使うことも可能となっています。

 

アルバイトをしていない学生が利用できる、他の2つである「免許ローン」「トラベルローン」は利用目的が限定されているので、この新卒内定者向けローンは貴重ですね。

 

トラベルローン

旅行に行く場合にお金がないという時に使えるのがこのトラベルローンです。

 

学生の場合は親権者の同意などが必要になることもあります。未成年の場合は親権者が連帯保証人になることが必要な場合もあります。

 

HISやJTBなどの旅行会社で取り扱っているローンなので、これらの会社の旅行商品を利用するときに限り利用できるようになります。

 

個人でチケットや宿泊を予約してというので、このトラベルローンを使うことは出来ません。